沖縄の健康の秘訣はイモにあり?

紅イモはアントシアニンがブルーベリーの4倍ですごい!

ぱっと見るとただのさつまいもなのですが、
中を割って見てみると鮮やかな紅色が現れる
のが沖縄の紅イモです。

 

その色合いの良さからお菓子の原料などにも
使われる沖縄の生活に根差した食べ物です。

 

この紅イモの紅色こそが健康の秘訣なのだそうです。
この紅色の色素は、ブルーベリーにも含まれるクッキリ成分、
「アントシアニン」なのです。

 

その含有量は、ブルーベリーの何と4倍!

 

ブルーベリーの健康力に注目が集まる遥か以前から、
食べれて来た紅イモ。

 

沖縄の人のメガネ率が日本で一番低いと言われる
のも納得ですね。

 

ここで生産者さんの声を聞いてみましょう。

 

紅イモ生産者 久米島Yさん

 

沖縄とイモの関係は切っても切れないと

 

言っても過言じゃないね。

 

沖縄は日差しも強いし、大きな川も無いから、

 

日照りが続くと直ぐに水不足になってしまう。

 

今度は台風が来れば野菜は全部飛ばされて

 

しまうから、昔は、いつも飢饉と隣り合わせ

 

だったんだね。

 

 

そんな中で生命力が強くて沖縄の風土にあって

 

いたのが、イモとサトウキビなんだ。

 

戦争で食べるものがないときも、ずいぶんと

 

イモには助けられたそうだよ。

 

 

だから、おじいもおばあも、よく食べてるよ。

 

自分のうちで作っているからね。

 

 

だから沖縄には無くてはならない食べ物なんだね。

 

健康にいいのもみんな知ってるよ。

 

でも、沖縄のイモは植物防疫法の関係から

 

島の外には生では出せないんだよね。

 

 

農家としても残念だったけど、「一望百景」の

 

お陰で県外の多くの人に知ってもらえたからね。

 

これからも多くの人を健康にしたいから、

 

品質のいいイモを作って行きます。

 

八重山かずらは天然のサングラスルテインをたくさん含むからすごい!

沖縄の食生活において、もう一つ特徴的なのが、
イモの葉っぱまで全部食べるということです。

 

この葉っぱの部分を「八重山かずら」といって、
夏の強すぎる日差しの中でもグングンと育つ
貴重な夏野菜として重宝されて来たのだそうです。

 

他の野菜は日焼けを起こしてしまう中、どうして
八重山かずらは元気に成長できるのでしょうか?

 

それを可能にしているのがルテインという成分なの
だそうです。

 

ルテインは、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く
含まれる色素成分で、紫外線をブロックする作用が
あるのだそうです。

 

八重山かずらは、このルテインを豊富に蓄積することで、
夏の強い日差しに打ち勝っているのだそうです。

 

このルテインは私たちの瞳にも存在して、同様の働きを
担っているのだそうです。

 

だから八重山かずらを食べて、このルテインを
補給する事は沖縄の人達の健康の知恵でも
あるわけです。

 

ここで生産者さんの声を聞いてみましょう。

 

八重山かずら生産者 沖縄本島 Aさん

 

沖縄の夏は葉野菜が少なくなるので、

 

栄養が豊富な八重山かずらは子どもの

 

頃からお馴染の野菜でした。

 

 

最近では県外からも美味しい野菜が

 

たくさん入って来るから、アクの強い

 

かずらは敬遠されるようになって

 

きてたんです。

 

 

でも、かずらは沖縄の健康の源ですから、

 

何とかして残したいと思って品種改良して

 

できたのが「ぐしちゃんいい菜」です。

 

 

ぐしちゃんは、ここら辺りの地方の名前、

 

いい菜は、正式名称の「沖育01-1-7」から

 

来てるんですよ。

 

 

そしてアクがなくて柔らかいから美味しい

 

んですよ。

 

 

最近では、かずらが健康食品にも使ってもらって

 

全国のみなさんに喜んでもらえるのが嬉しいですね。

 

 

栄養満点だし、学校給食にも納めているので

 

品質はバッチリ安心安全ですよ。

 

 

少しでもいいものをお届けできるよう

 

頑張りたいと思います。

 

そんな一望百景がパワーアップしました!

3周年を迎えた「一望百景」が、さらにルテイン増量で
パワーアップしました。

 

今までは「ルテイン」の含有量が5mgだったものが、
4倍の20mgになったんです。

 

最近では「ルテイン」に関して多くの論文が
発表されて、その有用性も注目されるように
なってきたようです。

 

20mgという量は、瞳の健康維持に必要十分な
量で、にんじんにして60本分、ほうれん草では、
サラダボウル約6杯分に相当します。

 

かすみやぼやけ、ショボショボで悩んである方は、
ぜひ一度お試しくださいね。

 

 

関連ページ

飲む時間帯によって一望百景の効果に差は出る?
一望百景は沖縄の天然成分を使用した目の疲れや白内障などにも効果のあるサプリメントですが、飲む時間帯はいつが良いのか時間帯によって効果に差が出るのでしょうか。
一望百景が白内障にもたらす実感とは?
パソコンや加齢などの白内障などのかすみ目やぼやけるなどと、視力の低下に効果的なサプリメントの一望百景は、眼精疲労の解消効果が3大成分を凝縮したサプリメントです。
一望百景をいつ飲むか?効果を高める飲み方とは
一望百景をいつ飲むの?一望百景は、目の健康に役立つ天然成分が入ったサプリメントです。毎日続けて飲むことで、日常生活のダメージから目を守ってくれます。
沖縄の天然素材を使ったサプリの副作用とは?
一望百景の主原料は、沖縄の人たちが毎日食べている野菜や海草などから作られたサプリメントなので副作用の心配はないようです。
沖縄の人はメガネをかけている人が少ないという事実はなぜなのか?
沖縄の人はメガネをかけている人が少ないと言われています。その理由は、沖縄で古くから食べられてきた野菜や穀物の成分にあったようです。
なぜ沖縄はメガネいらずの人が多いの?
沖縄の人はなぜメガネいらずの人が多いのでしょうか?そこには沖縄の人には常識の目によい食べ物が関係しているようです。
一望百景はいつ飲むのが効果的か
琉球アイサプリ一望百景はいつ飲めば効果が期待できるのでしょうか?一望百景をいつ飲むかよりも、習慣化して飲み続ける事の方が大切なようですよ。
一望百景は朝夜いずれか1錠の摂取で手軽なサプリです
琉球アイサプリ一望百景の効果を最大限に発揮させるためには、朝飲むのがいいのか、それとも夜飲むのがいいのか?調べてみました。

トップページ 一望百景について! 口コミについて! Q&A サイトマップ