沖縄の人はメガネ率が少ないという事実

沖縄の野菜にはアントシアニンやルテインがいっぱい!?

紅芋と八重山かずら、これらは共に沖縄県の野菜で、栄養が豊富な
ことで知られています。

 

紅芋は、アントシアニンという眼精疲労を予防する働きを持つ成分が
豊富に含まれています。

 

目に良いものといえばブルーベリー広く知られていますが、紅芋は
ブルーベリーの4倍のアントシアニンを持っています。

 

八重山かずらは一般的にはあまり名を知られていませんが、沖縄では
夏野菜として定番で、過酷な沖縄の夏の暑さの下で強い生命力で育つ
たくましい野菜です。

 

八重山かずらは、ほうれん草の3倍のルテインを含んでいます。

 

ルテインは光のダメージから守る役割があり、紫外線だけでなく、
パソコンやスマホのブルーライトにも効果を持っています。

 

アントシアニンとルテインはどちらも目に良いものですが、沖縄では
日常的に紅芋や八重山かずらを食べています。

 

実は沖縄の人は、メガネをかけている人が少ないという事実があります。

 

総務省の調査で、沖縄県民1人あたりの年間メガネ購入額が全国平均の
半分以下という結果が出ました。

 

沖縄の人はメガネに頼らず、お年寄りもメガネなしで新聞の小さな
文字を読んでいます。

 

目の健康は見習いたいですが、八重山かずらを手に入れることが
難しいので、手軽なサプリを取り入れると良いでしょう。

 

 

関連ページ

沖縄のイモはすごい!
沖縄のイモとイモの葉っぱが原料の「一望百景」ですが、何がそんなに凄いのかをご紹介します!
飲む時間帯によって一望百景の効果に差は出る?
一望百景は沖縄の天然成分を使用した目の疲れや白内障などにも効果のあるサプリメントですが、飲む時間帯はいつが良いのか時間帯によって効果に差が出るのでしょうか。
一望百景が白内障にもたらす実感とは?
パソコンや加齢などの白内障などのかすみ目やぼやけるなどと、視力の低下に効果的なサプリメントの一望百景は、眼精疲労の解消効果が3大成分を凝縮したサプリメントです。
一望百景をいつ飲むか?効果を高める飲み方とは
一望百景をいつ飲むの?一望百景は、目の健康に役立つ天然成分が入ったサプリメントです。毎日続けて飲むことで、日常生活のダメージから目を守ってくれます。
沖縄の天然素材を使ったサプリの副作用とは?
一望百景の主原料は、沖縄の人たちが毎日食べている野菜や海草などから作られたサプリメントなので副作用の心配はないようです。
なぜ沖縄はメガネいらずの人が多いの?
沖縄の人はなぜメガネいらずの人が多いのでしょうか?そこには沖縄の人には常識の目によい食べ物が関係しているようです。
一望百景はいつ飲むのが効果的か
琉球アイサプリ一望百景はいつ飲めば効果が期待できるのでしょうか?一望百景をいつ飲むかよりも、習慣化して飲み続ける事の方が大切なようですよ。
一望百景は朝夜いずれか1錠の摂取で手軽なサプリです
琉球アイサプリ一望百景の効果を最大限に発揮させるためには、朝飲むのがいいのか、それとも夜飲むのがいいのか?調べてみました。

トップページ 一望百景について! 口コミについて! Q&A サイトマップ