紅イモはなぜ沖縄からだせないのか?

害虫が広がらないように、紅イモは生では本土で食べられない?!

沖縄のお土産として紅イモタルトは、有名です。
その材料となるのは、紫色の紅イモです。

 

100%沖縄県産で紅イモそのものの良さをいかして
お菓子にしています。

 

この紅イモは、サツマイモ、ヨウサイなど沖縄から
だせない植物の一種に指定されています。

 

沖縄、南西諸島、小笠原諸島では、サツマイモに
寄生するアリモドキ、ゾウリムシなどの害虫が発生
しています。

 

この虫は、発見するのが非常に困難な害虫で、
本土では発生が確認されていないものです。

 

害虫が広がらないようにするため、本土への持ち込みが
禁止されています。

 

紅イモを本土に送ることも禁止されています。

 

検疫所で消毒すれば、紅イモは持ち込めることになって
いますが、時間がかかるとともに現実的ではありません。

 

病害虫は、発生していない地域の植物に蔓延することも
考えられることから、移動の禁止措置はやむをえまえん。

 

一時は、パイナップル、マンゴーも移動禁止の植物でしたが
現在は、病害虫が駆除されたため沖縄からだすことができる
ようになりました。

 

東京でもたまに紅イモを見ることがありますがこれは
どこから来ているのでしょうか。

 

鹿児島地方では、昔から生産していた植物であり、日本国内産
とみて間違いありません。

 

 

関連ページ

一望百景のサプリメントで白内障を予防しましょう。
一望百景は白内障にはどのような作用があるのでしょうか?一望百景は目の健康に作用する成分がたくさん含まれているので、白内障の予防サプリとしてもおススメします!
琉球の健康の秘密!紅芋とかずらについて
沖縄の人はどうして健康で目がいいのでしょうか?その秘密は、沖縄の野菜、紅芋とかずらにあるようです。その詳細を調べてみました!
目の健康に役立つ紅イモが配合されたマイケアの通販商品
紅イモの目のサプリメントが人気のようです。何でも紅イモに含まれるアントシアニンという成分が目にすっきりすると評判なのだそうです。紅イモのサプリの通販はマイケアで取り扱っています。
久米島産の紅イモを使ったアイサプリ
一望百景の主原料「紅イモ」は、久米島産の芋なのだそうです。久米島の厳しい自然で育まれた紅イモの成分アントシアニンについて説明します。
沖縄産の目に良い食べ物とは?
沖縄産で目に良いと言われている食べ物があるようです。それは紅芋で瞳にすっきりする成分アントシアニンを多く含んでいるようです。沖縄の人は、紅芋を食べるのでメガネ率が低いとも言われているようです。
沖縄の人が目が良い理由は食べ物に秘密があるから。
沖縄の人が目のいいと言われている理由は、古来よりの沖縄由来の食べ物である紅イモや八重山かずらにその秘密があるようです。
ビルベリーとカシス、そして紅イモについて
ビルベリーと紅イモとカシスについて、成分のアントシアニンや働きを調査しました。含有量が一番多いのは?一番おススメなのは?
眼に実感!ビルベリー、紅イモ、カシス、コスパがいいのはどれ?
ビルベリー、紅イモ、カシスはアントシアニンを含む食べ物ですが、一番コスト的に安いのはどれなのでしょうか?比較検討してみました!
ぬちぐすいの意味について
一望百景は沖縄の食べ物から作られたサプリメントですが、その食べ物を称して「ぬちぐすい」と言うようです。では、「ぬちぐすい」とはどんな意味なのでしょうか?
しょぼしょぼ目が気になるなら紅芋のアイサプリ
しょぼしょぼ目には紅芋が原料の一望百景がいいようです。その理由は、紅芋に含まれている成分、アントシアニンが強い紫外線などから、目をサポートしてくれるからです。
フコイダン含有量に拘るならもずくがおすすめ
フコイダンをたくさん含んだ食材に「もずく」があります。もずくでフコイダンをたくさん採るよりも手軽にサプリメントで採るという手もあるようですよ。
沖縄の食べ物には目に良いと言われている成分がサプリになった?!
沖縄の目に良いと言われる紅いも、かずら、もずくが大変採りやすいサプリメントになったようです。琉球アイサプリ一望百景で瞳の健康を保ってみませんか?
琉球野菜のかずらで得られる効果とは
沖縄の夏野菜としてよく食べられている「かずら」はどのような効果が得られるのでしょうか?「かずら」は目の健康を維持する作用に優れているようですよ。
ルテイン豊富な沖縄野菜の八重山かずら
沖縄野菜の「かずら」は昔から沖縄の人に食べられてきた夏野菜ですが、最近ではルテインが豊富ということで話題になっているようです。

トップページ 一望百景について! 口コミについて! Q&A サイトマップ