アントシアニンが一番多い植物は?

国内で食べられる植物でアントシアニンが多いのは紅イモですが・・・。

アントシアニンとは、ぶどう、ナスなどの果物や野菜に
多く含まれる青紫色の天然色素で、ポリフェノールの
一種です。

 

抗酸化作用があり、目にも良い成分とされていますが、
一番多い植物は何なのでしょうか。

 

カシスのアントシアニン含有量=584mg/100g 一番多く
含まれているのはカシスです。

 

リキュールなどで良く知られています。

 

ビタミンも豊富で、アントシアニンの吸収率も
ブルーベリーに比べて良いですが、入手するのが難しい
という欠点があります。

 

ビルベリーのアントシアニン含有量=431mg/100g 
二番目に多いのがサプリメントに使われているので
有名なビルベリーです。

 

ブルーベリーよりもアントシアニンが豊富に含まれて
いますが、栽培方法が難しく、国産品は無いようです。

 

輸入品に頼ることになりますが、残留農薬に注意しなくては
なりません。

 

紅イモアントシアニン含有量=369mg/100g 
三番目に多いのが紅芋です。カシスやビルベリーにも
劣らないアントシアニン含有量を誇ります。

 

国内産なので、農薬の心配はありません。

 

しかし生鮮品としては防疫の点から保護されているので、
沖縄県外にはサプリメントや加工品として以外では
持ち出すことはできません。 

 

 

関連ページ

天然ルテインランキングからアイサプリをどう選ぶ?
眼精疲労や加齢と共に落ちてくる視力低下や白内障などには、目に良いサプリメントとして天然ルテインランキングを参考にする事で効果的にアイケアができます。
紅いもの力!?その驚きの効果とは
紅いもが目にとても良いということをご存じでしょうか。紅いもの中の成分のアントシアニンとルテインには、目の細胞の活性化や目の疲れを和らげてくれる力があります。
カズラに含まれるルテインの効果と飲み合わせについて!
一望百景は目に良いとされる多くの成分が配合されていますが、その中でも八重山カズラに含まれるルテインの効果と飲み合わせについてどうなのか考えてみましょう。
一望百景にはどんな成分が入っているの?
一望百景は紅いものアントシアニン、かずらのルテイン、もずくのフコイダンという3つの成分の合わせ技で、目の悩みやトラブルにすっきり、はっきりを実感することができます!
しょぼしょぼ眼に効く?紅芋と八重山かずらとは
しょぼしょぼ眼の原因は、目の酷使にあるようです。そんなしょぼしょぼ眼にいいのが沖縄の紅いもと八重山かずらと言われているようです。
子供にも利用させたくなる一望百景
一望百景は、沖縄で食べられている天然自然の食材が原料ですのでお子様でも安心して飲んでいただくことができます。
八重山かずらのルテインについて
八重山かずらに含まれるルテインについて詳しく調べてみました!ルテインは体の中で合成する事ができないので、外から補ってあげることが大切なようです。
アントシアニン含有量が多いサプリなら一望百景
一望百景はアントシアニンの含有量がブルーベリーの4倍も含まれている国産の食材が原料のものでは、含有量はトップクラスの紅いもを使用しています。
鼻炎や目のかゆみにもフコイダン
もずくに含まれるフコイダンは主に花粉症、鼻炎、そして目のかゆみなど炎症を抑える作用があるようです。気軽に毎日摂取するなら琉球アイサプリをおススメします。
アントシアニン含有量が多い紅芋
一望百景に使われている紅芋に含まれているアントシアニンはブルーベリーの4倍で、カシスなどに次ぐ含有量を誇っているようです。
アントシアニン含有量が多い食品は何でしょう?
一望百景は紅イモが主原料ですが、アントシアニンの含有量が多い食品と言われています。アントシアニンが、もっと含有量の多い食品もあるようですが・・・。
アントシアニンが一番多い植物は、沖縄産の紅イモ?!
アントシアニンが一番多い植物は沖縄の紅イモなのでしょうか?調べてみました!紅イモのアントシアニンの量は・・・。
ルテインの含有量が多いサプリ
ルテイン含有量が多い植物は、マリーゴールドですが、国産のものでは八重山かずらが多いと言われています。その八重山かずらを使ったサプリが一望百景です。
ぐしちゃん芋の成分について
ぐしちゃん芋とは、一望百景の原料の一つである紅芋の種類の名前です。ぐしちゃん芋の成分などについて詳しく調べてみました。
ぐしちゃん芋の成分と効能について
沖縄で広く栽培されている、ぐしちゃん芋は紅芋の一種で、琉球アイサプリ一望百景の原料に使われています。そのぐしちゃん芋の成分と効能について調べてみました。

トップページ 一望百景について! 口コミについて! Q&A サイトマップ